《ビワ 三重へ嫁入り》

小田原市石橋で伐採したビワが三重に嫁入りしました。
最大直径60センチ、長さは計4メートル。現地に切り倒したままにしていましたが、三重県内で製材業を営む武田誠さんが、トラックではるばる奥様と一緒に小田原まで引き取りに来てくれました。

sketch-1513648779499

製材、乾燥を経て、鉋台や木刀などに生まれ変わるとか。小田原産のビワに第二の人生を贈ってくれた武田さん。感謝です。<2017.5.12>